2006年05月05日

プロデューサーズ -THE PRODUCERS-

トニー賞12部門を受賞した舞台ミュージカル版を再び映画化した
というのがウリの「プロデューサーズ」を見てまいりました。

------------------------------
落ち目の舞台プロデューサーと小心者の会計士は、必要以上に資金を集め
横取りするために、失敗間違いなしの最悪の駄作をブロードウェイで
上演する計画を練るが…。
------------------------------

ブロードウェイの舞台をそのままスクリーンに映し出したような感じを受けます。
俳優の演技は映画向けではありえない濃さだし、ミュージカル特有の
『突然歌いだす』ことについての理由付けもないまま、のっけから歌いまくりだし。

舞台版の初代オリジナル・キャストでもあるネイサン・レインとマシュー・ブロデリックが
同役で出演していることも話題の一つ。


落ち目の舞台プロデューサー(マックス・ビアリストック)役をネイサン・レイン。

劇中でも「デブ!デブ!」言われてますが、決して細いわけじゃありません。
年相応の太さだと思いますが、その体で歌うわ踊るわ。
終盤に獄中で、それまでのシーンの一人メドレーをやる「Betrayed(裏切られて)」という
ナンバーがあります。そのシーンは拍手喝さいモノ!
この人のために作られた曲というのも納得のいくショー・ストッパーぶりでした。


小心者の会計士(レオ・ブルーム)役をマシュー・ブロデリック。

序盤の水色の毛布&ヒステリー演技のテンションも物凄いですが、
空想の中で歌い踊る「I Wanna Be A Producer」のナンバーは
ミュージカル・スターの面目躍如。タップダンスも踊るし、それがまたカワイイ。
この人の声って綺麗に抜けないんだけど、飄々とした独特の感じを印象付けるなぁ。


劇中劇として上演される
「史上最低のミュージカル」=『春の日のヒトラー(Springtime for Hitler)』には
あまりの悪趣味ぶりに開いた口が塞がりませんでした。
スクリーンに映し出される唖然とした観客の顔と同じ顔してた(笑)

製作、脚本、作詞、作曲までしたメル・ブルックス自身がユダヤ系だから
痛烈なコメディとして受け取れるけどね。

でも、劇中劇のオープニング曲をソロで歌っていたブロンド&ドイツ将校服の
リード・テナー(Lead Tenor)のお兄さんに心ときめいたのは秘密(笑)


他の登場人物もみんな濃ゆい。ゲイの演出家とその仲間たちとか。
人間以外にも、小芝居するハトとか居るし。
わりと軽めの下ネタ満載だし。

あと、ミュージカル俳優がたくさん出演しているせいか、英語がとても聴きとり易かった。

ブロードウェイ事情とか詳しいと、より笑えるんだろうなと思った箇所が
2、3箇所じゃきかなかった…。


これから劇場で見ようとしてる方は、最後の最後まで席を立たないで。
エンドロールの後に、一曲あるから。


しかし、2005年にV6主演でやったっていう日本版「プロデューサーズ」が
どうだったのか気になる。


プロデューサーズ(公式サイト)

The Producers(英語)

↑舞台写真でも爆笑
posted by かぐら御前 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

THE有頂天ホテル

脚本と演出:三谷幸喜
という微妙なクレジットの三谷作品です。

休日でしたが、一番大きなスクリーンのある会場の座席は結構埋まっていました。
上映開始から1ヶ月以上経ってますが、人気はなかなか衰えませんね。

主要なキャストが23人もいて、関係性を把握するだけでも大変。
23人て…。てんこ盛り過ぎ。

役所さんを除いて、イケメン系男優は
ほとんどが七三分けor九一分け(笑)など、変な髪型も多彩。

何も考えず見られる気楽さがありますが、物語を整理しだすと
頭が混乱するくらい難しい。
複数の物語が同時に進んでいく上に、リアルタイム同時進行なので…。

Aシーン→Bシーン→Cシーン→Aシーンってきた時に
B&Cシーンの時間が経った後のAシーンから続きが始まることの繰り返しで
構成されているのねー。

この構成が、三谷さんが話すこの映画のテーマ
「自分の存在が、知らない間に誰かに影響を与えている」構成に結びついている訳ですね。

お気に入りの役者さんは
ホテル探偵役の石井正則さんと総支配人役の伊東四朗さんかな〜。

THE 有頂天ホテル
posted by かぐら御前 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

パイレーツ・オブ・カリビアン 続編

パイレーツ・オブ・カリビアンの続編が2006年夏公開予定!

きゃー♪
キャプテン・ジャック・スパロウが帰ってきますよー。

この作品のジョニー・デップは大好きなのです、私。
予告編を見ましたが面白すぎなんだよ、ジャック。

副題は、デッドマンズ・チェスト=死者たちの椅子
であってるのかしら。

とりあえず、今年絶対に見たい映画になりました。

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
posted by かぐら御前 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

遅ればせながら、見てきました。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」です。

今回は、今までと違うパターンでの観賞となりました。

3作品目までは、映画→原作の順番。
今作品からは、原作→映画の順番。

これだけでも受ける印象がだいぶ違ってきます。

原作を先に読んでしまうと、映画の伏線の浅さとかが気になっちゃいますね。
でも、上映時間の制限があるから仕方ないんですけど。
よくあれだけにまとめたと思います。

マッド・アイ・ムーディ役の方がすばらしかった。
トレードマークである義眼が上手く映像化できていたと思います。

ビクトール・クラムは想像していたよりもハンサム。
もっとゴツいかと。

ハリー・ポッター公式ウェブサイト
posted by かぐら御前 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。