2006年05月05日

プロデューサーズ -THE PRODUCERS-

トニー賞12部門を受賞した舞台ミュージカル版を再び映画化した
というのがウリの「プロデューサーズ」を見てまいりました。

------------------------------
落ち目の舞台プロデューサーと小心者の会計士は、必要以上に資金を集め
横取りするために、失敗間違いなしの最悪の駄作をブロードウェイで
上演する計画を練るが…。
------------------------------

ブロードウェイの舞台をそのままスクリーンに映し出したような感じを受けます。
俳優の演技は映画向けではありえない濃さだし、ミュージカル特有の
『突然歌いだす』ことについての理由付けもないまま、のっけから歌いまくりだし。

舞台版の初代オリジナル・キャストでもあるネイサン・レインとマシュー・ブロデリックが
同役で出演していることも話題の一つ。


落ち目の舞台プロデューサー(マックス・ビアリストック)役をネイサン・レイン。

劇中でも「デブ!デブ!」言われてますが、決して細いわけじゃありません。
年相応の太さだと思いますが、その体で歌うわ踊るわ。
終盤に獄中で、それまでのシーンの一人メドレーをやる「Betrayed(裏切られて)」という
ナンバーがあります。そのシーンは拍手喝さいモノ!
この人のために作られた曲というのも納得のいくショー・ストッパーぶりでした。


小心者の会計士(レオ・ブルーム)役をマシュー・ブロデリック。

序盤の水色の毛布&ヒステリー演技のテンションも物凄いですが、
空想の中で歌い踊る「I Wanna Be A Producer」のナンバーは
ミュージカル・スターの面目躍如。タップダンスも踊るし、それがまたカワイイ。
この人の声って綺麗に抜けないんだけど、飄々とした独特の感じを印象付けるなぁ。


劇中劇として上演される
「史上最低のミュージカル」=『春の日のヒトラー(Springtime for Hitler)』には
あまりの悪趣味ぶりに開いた口が塞がりませんでした。
スクリーンに映し出される唖然とした観客の顔と同じ顔してた(笑)

製作、脚本、作詞、作曲までしたメル・ブルックス自身がユダヤ系だから
痛烈なコメディとして受け取れるけどね。

でも、劇中劇のオープニング曲をソロで歌っていたブロンド&ドイツ将校服の
リード・テナー(Lead Tenor)のお兄さんに心ときめいたのは秘密(笑)


他の登場人物もみんな濃ゆい。ゲイの演出家とその仲間たちとか。
人間以外にも、小芝居するハトとか居るし。
わりと軽めの下ネタ満載だし。

あと、ミュージカル俳優がたくさん出演しているせいか、英語がとても聴きとり易かった。

ブロードウェイ事情とか詳しいと、より笑えるんだろうなと思った箇所が
2、3箇所じゃきかなかった…。


これから劇場で見ようとしてる方は、最後の最後まで席を立たないで。
エンドロールの後に、一曲あるから。


しかし、2005年にV6主演でやったっていう日本版「プロデューサーズ」が
どうだったのか気になる。


プロデューサーズ(公式サイト)

The Producers(英語)

↑舞台写真でも爆笑
posted by かぐら御前 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

プロデューサーズ
Excerpt: トニー賞12部門という史上最多の評価を得たブロードウェイ・ミュージカルの映画化。ユマ・サーマンを迎えて踊って歌って。相当に笑える作品に仕上がりました。
Weblog: nao3 blog
Tracked: 2006-05-08 23:50

The Producers
Excerpt: 『プロデューサーズ』 個人的にミュージカルは“大”が付くほど嫌いです。なので正直この映画は期待どころかいつまで我慢出来るかが心配でした。テーマは“一晩で大コケする史上最低のミュージカル”。失敗作で大..
Weblog: Tokyo Bay Side
Tracked: 2006-07-21 21:14

『プロデューサーズ』 You can do it!
Excerpt: ひとクセもふたクセもある個性的な出演者たちに、 ハチャメチャなストーリーが絡み合って、 大変なものにならないハズがない。 どうしようもないモノ作っちゃおうぜー! ってメチャクチャやってみた..
Weblog: *モナミ*
Tracked: 2006-11-24 19:30
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。