2008年12月14日

RENT

ミュージカル「RENT(レント)」を見てきました。

シアタークリエのオープニングシリーズとして上演されています。

来日公演は見たことがありますが、日本語版は初めて。

かなりこじんまりとしたセット。シアタークリエ自体がそれほど
大きな劇場ではないのと、舞台上にバンドスペースも作るとなると
セットは小さくなるのかも。
ただ、この方がオリジナルの雰囲気には近くていいかもね。
(来日公演は劇場が広すぎた)

生バンドはやはり良いね。特にハードな曲の所では。

音の流れを重視したのか、歌詞に英語そのままを使用していることが
多かった。特にサビ部分とか。
まぁ、英語に慣れているから特に違和感とかはなかったが。

マーク役に森山未來。無駄に踊れるマーク(笑)
周りのダンサーズに遅れをとってないよー。

コリンズ役の方(米倉利紀)がカッコ良過ぎ。
低音まで出る声域の広さに惚れます。

エンジェル役(田中ロウマ)の演技がカワイイ(笑)
特にコリンズとの絡み部分が。
声がオリジナルと似ていてビックリした。

"Seasons of Love"のゴスペルソロ部分は、もっとパンチの
効いた声が良かったが、まあ日本人にはムリかも。
ラベル:Musical
posted by かぐら御前 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。